アイリストとしての就職率について

01/01/13
archive

今やすっかり女性の間で定番となったまつげエクステですが、まつげエクステを職業にするとなると資格が必要です。資格を取得する為には、通信教育で学んだり、独学で学ぶ事も出来ますが、一番オススメはスクールで学ぶ事です。スクールでは、まつげのエクステに関する技術だけでなく、目の周りの皮膚やまつげの知識なども学びます。

目元は大変デリケートですので、様々な知識が必要となるのです。スクールで学び、資格試験に合格する事でアイリストとして働く事が出来ます。独立して経営する事も可能ですが、まつげエクステだけでは、中々収入を得る事は難しいです。まつげのエクステは、一度施術すると1ヶ月程持ちます。その後は、月1回メンテナンスをする事で長持ちさせる事が出来るのです。

ですから、多くのお客様を抱えなければ、経営は難しいのです。一人で経営している方は、アイリストとして資格だけでなく、ネイリストやエステテシャンとしての資格も有し、色々な施術を行う事で多くのお客様を抱えている方が多いです。一つの資格では、収入を得る事は難しいのが現状でしょう。独立経営するのではなく、就職をする場合の就職率も高くありません。

やはりアイリストのみの資格ではなく、複数の技術と資格を持つ方が重宝されるのです。複数の資格を持っている方の方が就職率は高いです。アイリストの資格を持っている方は、出来れば他の資格も取得する様に努力する事をオススメします。また、就職先としては、美容室やネイルサロン、エステサロンなど複合施設が最近増えてきています。

ヘアセットしながら、待ち時間にネイルやまつげエクステをするなど時間をムダにしないケアが出来るお店が人気です。これから益々増えて行く事でしょう。こういったお店では、アイリストの求人も行っています。しかし、やはりまつげエクステとしての資格だけでなく、他の資格も持っている方の方が採用されるケースが多いです。まつげのエクステだけしか出来ないのでは、あまり就職先も無いかもしれません。

今のスクールは、まつげのエクステだけなく、ネイルなど色々な資格取得を目指して学ぶ事が出来ます。ですから、是非まつげのエクステの技術だけなく、他の分野も一緒に学ぶ事がオススメです。今の女性は、仕事に家事に育児に大変忙しいので時間を無駄にしないお店を選ぶ傾向にあります。ですから、色々な資格や技術を持っている方が、これから益々必要とされるでしょう。