まつ毛エクステをしたらホットビューラーがおすすめです

01/04/13
archive

アイメイクをとても簡単にしてくれると話題のまつげエクステ、すっぴんでもメイクをしたようなはっきりとした目元になるので、女子力アップにと、チャレンジする女性が後を絶たないようです。目を大きく見せるのがメイクの最大のポイントでもあるので、長く、濃いまつげはアイメイクには欠かせない要素です。

まつげエクステは、自分のまつげに人工の毛を専用の接着剤で貼りつけていく技法ですが、つける毛によって色々なデザインに仕上げることが可能です。人工毛には、長さや太さ、カーブの角度、カラーなど数えきれないほどの種類があるので、自分が理想とする目の形に近づけることが出来ます。カーブの角度はきつければきついほど正面から見た状態ではぱっちりと見えるので、自然に緩やかにしたい人はあまりカーブのきつくないものを選択すると良いです。

まつげエクステは、水では取れないので、施術後数週間は持ちますが、人工毛の種類によっては、毎日の生活の中における様々な摩擦や影響で、もともとついていたカーブがなくなってきてしまうこともあります。また逆にカーブがくるっときつくなってしまう方もおり、綺麗に接着されているのに取り外して付け変えるのにはもったいないという場合がしばしば起こります。

まつげエクステは非常にデリケートなものなので、施術後はあまり触らないということが一番の注意点ですが、カーブがなくなってくるとパッチリと見えなくなってしまうので、ビューラーで持ち上げたくなってしまいますが、通常のビューラーのようにまつげを挟むタイプのものを使ってしまうと、グルーの接着面に圧をかけてしまうので、エクステが取れやすくなってしまいます。こんな場合は、ホットビューラーが便利で、まつげを挟まなくても綺麗なカーブが蘇るので、まつげエクステを定期的に行うようになったら、一本は用意しておくと良いでしょう。

ホットビューラーを使う時は、出来るだけ自まつげと人工毛の接着面には触れないように、毛先を中心に当てるようにしましょう。接着面に摩擦を与えることがエクステの持続力にはかなり影響を及ぼすので、出来るだけ触らないように慎重に当てることが大切です。前述したように毛先が縮れたようにカーブがきつくなってしまった場合も、その部分だけを伸ばすような感じでホットビューラーを当ててあげましょう。こういったひと手間をかけてあげることで、施術直後の美しい状態を長く維持することができるのです。